スサビ

2003年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2003年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平凡な日々

最近、ネタにするようなことがありません。
と、いきなり愚痴っぽく始まってしまいましたが、本当にネタになるようなことが何もない!

ここでネタについて少し説明しますと、俺が書くネタは大きく分けると2種類あります。

1つは日常型ネタ。
これは実際に起こったことを、そのまま書くネタのことです。

まー、そのまま書くと言っても、事実を伝えるだけでは面白くないので、そこにネタ的要素を加えてはいますが、書いていることの大部分は実際起こったことなので、書くのが非常に楽です。

更に言えば、「事実は小説より奇なり」という言葉があるように、この日常型ネタの方が後に書く創造型ネタより遥かに面白くなる可能性が高いです。
ただし、そこまでハイレベルなネタは数年に1回経験するかどうかですが・・・

うちのサイトで言えば「会社での出来事」や「彼女との会話」などがこの部類に入ると思います。

そしてもう1つは創造型ネタ。
これは俺の頭で考えたことが大部分を占めるネタです。
1から全て俺が考えたネタもありますが、実際に起こったことをきっかけに創造したネタを書くことが多いです。

この創造型ネタはセンスがいるので、非常に難しいですね。
でもセンスがある人のネタはある程度のレベルの面白さを保てます。

俺は日常型ネタがない時なのは、よくこの創造型ネタを使います。

以上が俺の中でのネタ分類なのですが、最近の状況は?といいますと・・・
年明けから仕事が忙しくなり、創造型ネタを考える時間と気力がなくっています。

では、日常型ネタは?といいますと、普通に生活している上で、そうそうネタになるような出来事が起こるわけありません。
普通に会社に行き、仕事をして、家に帰ってくる。これの繰り返しです。
普通のサラリーマンの平凡な日常が過ぎていっただけです。

こんな平凡な日常を書いたところで、誰が読んでくれるでしょうか?
はっきり言って、俺の変化のない日常生活を書いたところで、誰も読んでくれないと思います。

あー、HPのネタになるような出来事に遭遇したい!
爆笑できるような出来事に巻き込まれたい!!

でも現実は厳しいです・・・

先週の出来事を振り返ってみても特段ネタにするような出来事はありませんでした。
強いて挙げるなら、彼女と婚約したことぐらいです。
スポンサーサイト

| 日々 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「え!?」×3

という訳で結婚することになったんですが(訳わからない人は前回の更新参照)、お互いの意志を確認した後、両親に報告しました。

「ちょっと話があるんだけど」

「ん?なに?」

「えっと、この度結婚することになりました」

「え!?」

「・・・・」

「ぇぇええええええ!!」

あまりに唐突な息子からの報告。
そりゃー両親もびっくりしたことでしょう。
だって俺、彼女がいることなんて一言も言っていなかったので・・・

「ちょっ、ちょっ、ちょっと、本当?」

「はい、本当です」

「い、いくつの子?相手の歳はいくつ?」

「20」

「え!?」

「20歳」

「えーーーー!」

まー、驚くでしょうね。
28歳の息子が連れてきた結婚相手が8歳も年下ですから。

「若い子やなー」

「ああ」

「大丈夫?」

「大丈夫です」

「そ、そうか・・・」

「はい」

「で、どこの子?」

「沖縄」

「え!?」

「沖縄」

「えっ???」

「お・き・な・わ」


「ぇぇええええええええー!!」



という訳で沖縄在住の20歳の女と結婚します。めんそーれ!

| 日々 | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近、ちょっと気になること

キムキムにぃやん(木村祐一)とキャラがかぶっている、ケンドウコバヤシの行く末

| 日々 | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

握手

沖縄と地元の気温差10度。
軽く体壊しそうな感じの今日この頃
みなさん、いかがお過ごしですか?

そんな訳で彼女のご両親に会って参りました。
空港で彼女とお母さんに出迎えられ、お父さんが経営されているビデオ店へ行きました。

緊張しつつ店内に通された俺。
そんな俺に対し彼女のお父さんは握手を求めてきました。

ガシッ!

熱く結ばれる手と手。

(いいエロビデオよろしく御願い致します)

「娘をよろしく頼むよ」

(え!そっち?)

「は、はい・・・」

結婚に対して快諾してくれました。
本当、よかったです。

ビデオについては、追々頼んでいこうと思ってます。

| 日々 | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相性

友人や親戚に結婚することを伝えると、ほとんどの場合、こう言われる。

「若い嫁だねー。話とか合うの?」

確かに俺と彼女は8歳も離れています。

俺が20歳の時、彼女は小学6年生。
年齢だけ見ると、世代の違いで話が合わないのではないか?と思われても仕方がないかも知れませんね。

そんな俺達は昨晩・・・



hentai.jpg


変態仮面の話で大盛り上がり!

相性バッチリね

| 日々 | 10:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。