スサビ

2005年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

以心便心

夕食後のリラックスムード漂う中、俺を襲い来る尿意。俺は徐に立ち上がりトイレへ向かおうとしました。

「ちょっと、おしっこしてくる」

そう発した瞬間、なぜ?という疑問が頭に浮かびました。

なぜ俺は、自分の排泄行為を嫁に報告しているのでしょう?

よくよく考えると、俺はいつもトイレに行く前、嫁に報告していました。こんな報告必要ないですよね~。俺が排泄しようとしていることを知らされても、嫁は困るだけだと思うんですよ。

逆に嫁は、トイレに行くとき何食わぬ顔で立ち上がり、さも「トイレではありませ~ん」って雰囲気で部屋を出て行くのです!





ま、大の時は雑誌類を持って行くので、すぐわかるんですけどね~
スポンサーサイト

| 日々 | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャラメイク

今週の水曜日に届いたWoW。早速、その夜からプレイしようと思っていたのですが、インストール及びアカウント登録、パッチに相当な時間がかかってしまい、プレイできませんでした。と言うわけで、昨夜、ようやく初プレイに挑みました。

ゲームが始まって最初にすることはサーバーの選択。WoWには3つの種類のサーバーがあります。

1つはPvEサーバー。これはクエストやモンス戦をメインとしたサーバーです。特別な状況でない限り、敵対陣営のプレイヤーに殺されることはありませんので、安心してプレイできます。

2つ目はPvPサーバー。Alliance陣営とHorde陣営が戦争を行っているサーバー。敵対陣営の領土に入れば、文句なしに攻撃されますし、中立地帯でも攻撃される可能性は高いです。味方陣営領土でも、味方陣営のプレイヤーが敵対陣営のプレイヤーを攻撃すれば、戦闘状態に入ってしまいます。ま、簡単に言えば、危険がいっぱい!ドキドキ感いっぱい!のサーバーです。

3つ目はRPサーバー。プレイヤーが純粋にロールプレイできるサーバーです。それ故、英語が母国語とかでないかぎり、相当キツイようです。俺には無理なサーバーですね。

で、俺は当然PvPサーバーを選択。別に積極的にPvPをしようと思っている訳ではない(UOの時も無限にいたけど、自分から攻撃したことなかった)のですが、こういう殺伐とした雰囲気の方が楽しいと思ったからです。「うぁー!殺された~」とかやってる方が、ゲームの世界に入り込めますし、なによりネタが沢山転がっている予感がするから!

さて、サーバーが決まれば、次にキャラメイキングに入ります。WoWの世界には以下の8つの種族が存在します。そしてそれぞれの種族は特性技能を持っています。

Alliance陣営
Human
普通の人間です。特徴は特にないのが特徴で、最もノーマルで汎用性が高い種族です。女性の見た目は、ま~許せるのですが、男は基本おっさんです。さすが洋ゲーという感じ。
NightElf
もはやRPGの世界では定番のエルフです。エルフの象徴である長い耳を持ち、敏捷性に優れた種族です。WoWではナイトエルフということで、ちょっと見た目が怖いです。ちなみに露出度はちょっとだけ高めですが、リネージュIIにいるダークエルフ(ケツで有名)ほどエロくはないです。
Dwarf
ドワーフです!ドワーフと聞いて皆さんが想像している姿(ロードオブザリングのドワーフ等)があると思いますが、男ドワーフはその想像通りの姿をしています。女ドワーフは・・・上沼恵美子?基本性能は8種族中1番高いです。
Gnome
ノームです。土の精霊とか森の妖精などど言われている小人。WoWでは2頭身なんです。なんか怖いです。WoWプレイヤーの中には、女ノーム萌え~って人もいるようですが、俺はちょっと・・・

Horde陣営
Orc
他のRPGでは、よく敵として出てくるオーク。WoWではプレイヤーキャラにできます。筋骨隆々の見た目通り、凄まじい力とタフさをもっており、戦士に最も適した種族です。
Troll
トロルって日本でいうところの鬼になるのかな?角はないですが、立派な牙を持っています。残忍な見た目故、ローグでやっている人が多いようですが、実はメイジやプリーストにもなることが出来る、万能種族です。
Tauren
トーレンって言ってもピンと来ないと思いますが、一言でいえば「牛」です。ミノタウロスを想像してもらえば、いいかと。牛なので敏捷性は低い(例:牛歩戦術)。
Undead
アンデッド、死体です。死んでいるけど生きているってことです。足とか腕とかは骨が丸見えのグラフィックです。種族特性に倒した人間タイプの敵を喰うと、体力回復力アップ!なんてのがあります。

種族を決定したら、次に職業選択。種族ごと選択できる職業がある程度決まっているので、種族と職業を考えながら、作る必要があります。で、職業は以下の9種類あります。

Druid(ナイトエルフ・トーレン)
変身魔法を操ることが出来るドルイドは、その能力を使い、戦士やローグのような戦術をとることができます。ただし、専門職にはかないませんけどね。回復呪文も使えますし、万能職業って感じです。
Hunter(ナイトエルフ・ドワーフ・オーク・トーレン・トロル)
動物を使役して闘うことが出来るハンター。弓や銃を使うこともでき、遠距離攻撃能力は高いです。後、罠とかも設置できるみたい。
Mage(人間・ノーム・アンデッド・トロル)
お馴染みの魔法使いです。強力な攻撃魔法を使い、敵を打ち倒す花形職業!でも、ご想像通り、防御・体力は低いので、攻撃喰らったらすぐ死にます。移動魔法も使えるのもありがたいですね。
Shaman(オーク・トーレン・トロル)
Horde陣営しかなれない職業シャーマン。その能力により回復や蘇生をすることもできますが、シャーマンの特徴はトーテム呪術。地水火風のトーテムを出現させ、様々な能力を発揮します。
Paladin(人間・ドワーフ)
Alliance陣営しかなれない職業パラディン。聖騎士の名のごとく、回復&強力な近接攻撃を使う強力な職業です。後、パラディンのみ特別な騎馬を召還できるのです。うらやましい~
Priest(人間・ナイトエルフ・ドワーフ・アンデッド・トロル)
最も強力な回復・蘇生能力を持つ職業プリーストです。PT組むなら1人は欲しい職業ですね。当然、後衛主体ですから、体力・防御力は非常に低いです。
Rogue(人間・ノーム・ドワーフ・ナイトエルフ・オーク・アンデッド・トロル)
暗殺能力に長けるローグ。PvPではかなり恐れられておる職業です。ステルス能力で相手の背後に忍び寄り攻撃!攻撃力も相当高いので、ローグに瞬殺されることが、よくあるそうです。
Warlock(人間・ノーム・オーク・アンデッド)
ウォーロックは簡単に言えば召還師です。様々は能力をもったモンスを召還し、使役します。また敵の能力を下げたり、じわじわダメージを与える呪文も使うことができます。そしてウォーロックのみナイトメアの召還し騎乗することができます。ナイトメアに乗りたくてウォーロックしてる人が多数いるほど、格好良いです。
Warrior(全種族)
戦士です。近接攻撃を極め、ほとんどの武器・防具を装備できる職業。と聞くと、ただ殴るだけの職業か?と思われがちですが、戦闘スタイル(攻撃・防御・突撃)を変化したり、シャウトという特殊技能を使って、敵を怯ませたりすることができ、なかなか奥が深そうです。

職業決定後、顔や皮膚の色、ヘアスタイルを自分好みにして、WoWの世界にLonが誕生しました。





牛シャーマンです。
a0015739_1917424.jpg

| WoW | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BlackRock

金曜日の夜、WoWにオンしようとしたとき、「そういえば、俺がやってるサーバーってなんて名前なの?」という疑問が浮かんできました。

というのも、最初にキャラを作ったとき、特にサーバー選択画面が出てこなかったですし、毎回ログインするときもキャラが存在するサーバーに直接行っているようなので、サーバー選択という作業を行わずオンしていたためです。

で、よく見るとキャラ名の上に、サーバー選択画面へのボタンみたいなものが・・・。そのボタンを恐る恐る押して見ました。

サーバー選択画面出てきたよ・・・・orz

俺が木曜日に作ったキャラは、行きたかったサーバー「BlackRock(通称:黒岩サーバー)」とは、全然違うサーバーでした。黒岩には日本人が多いとの情報を得ていたので、すぐさま黒岩に新たに牛シャーマンを作成!

が!すでにLonという名は使われていたため、Lonを少し変更してLonvelgって名前にしました。理由は、なんとなくゴロ的に格好良かったってだけです。

早速、黒岩でのシャーマン生活を開始した俺は、クエストをこなして行きました。ゲーム序盤のクエストはアイテム集め系が多く、近くに生息しているモンスを倒して得ることが出来ます。

これらのクエは英語で書かれていても、クエストログを見ると「アイテム名0/8」と表示されるので、なんとなく理解できるのですが、問題はアイテム系以外のクエストです。はっきりいって、なに書いているかサッパリンコ♪(可愛く言ってみました)

a0015739_10194179.jpg

それでも、クエスト情報を紹介しているHPを見たり、Web翻訳を駆使したりして、なんとかクエストを進めて行き、ついにEarthTotemを手に入れることが出来ました。

シャーマンの特徴でもあるトーテム呪術は、地水火風それぞれの属性のトーテムを手に入れることで使用可能となるのです。呪術を使うと、術者の足下にトーテムが出現し、周囲にいる味方に対して効果を与えます。PTプレイ時に非常に役に立つ!!








ま、未だ独りなので、味方なんていないんですけどね

| WoW | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

郵便配達は1度もベルを鳴らさない

うちの呼び鈴は気まぐれで困っていました。引っ越ししてきた当時から、鳴るときと鳴らないときがあり、宅急便の受取等で苦労したことがあったのです。

で、1週間ほど前、ついに呼び鈴の横にもう一つ呼び鈴を付けました。

「よし!これで人が来たら確実にわかるよ」

「よかった~」

「呼び鈴の横に予備鈴あるし。ぷぷぷ」

「『呼び』と『予備』をかけてるのね」

「うん!訪問者の人、この駄洒落に気づいてくれるかな~」

「気づかないと思うよ。大して面白くもないし」

「・・・・」




あれから1週間、うちへの訪問者は0です。

| 日々 | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BlackRock

WoWは海外サーバーしかありませんので、土日の昼間などは現地の人たちが多数オンするため、サーバーがいっぱいになっています。でも、俺がいつもオンする時間は、あちらでは朝のようで、結構空いてて良い感じです。

そんな現地時間の朝でもオンしている外国人はいるようで、2日前などは無言でPTに誘われたり(しかも2回)、見知らぬ外国人につけ回されたりしました。当然、全部無視です!

さて、そんな俺は英語に苦労しつつも、なんとかクエをクリアーして行きLV9になっています。WoWはクエの量も種類も豊富にありますし、レベルアップも速いので、ストレスが少なく、進むにつれて、新しい要素が出てきて、常に新鮮な気持ちで遊べています。

で、昨日出てきた新たな要素というのは、Professionです。これにはPrimaryとSecondaryとがあり、Primaryは9つある中から2つ習得でき、Secondaryは3つ全て習得可能なスキルなのです。詳しくはWoW Wikiを参照してみてください。

俺は現在、PrimaryはAlchemy(ポーション作成スキル)とHerbalism(薬草採取スキル)を選択し、SecondaryはCooking(料理スキル)とFishing(釣りスキル)まで習得済みです。

というわけで、早速釣りを楽しむため竿を購入し、湖で糸を垂らしてみました。

a0015739_110831.jpg
どんな魚が釣れるかな~♪

















上手に釣れました~♪
a0015739_10574311.jpg

変な魚が・・・

| WoW | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。