スサビ

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

全略

あけおめ

きょこんあり

ことよろ











ってだけ書いてると、女性の方に変な期待を持たせるといけないので、略さず書いてみます。



あけまして
おめでとうございます

きょねんは
こんな趣味のHPに来ていただき
ありがとうございました

ことしも
よろしくおねがいします
スポンサーサイト

| 日々 | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅葉県

先週の土曜日、仕事で広島まで行っていました。で、広島では2点、驚いたことがありました。

1点目は市電。広島市内には市電と言われる路面電車が走っています。今回、初めて市電を利用したのですが、切符がなく、料金は降りるときに150円を料金箱に入れるというシステムで、ちと戸惑いました。

もう1点は、お土産が「もみじ饅頭」しかない!ということです。広島駅で嫁へのお土産でも購入しようといろいろ見て回ったのですが、あるのは紅葉の形をした物体のみ・・・。事前に「もみじ饅頭はいらんよ」と嫁から言われていたので、非常に困りました。とりあえず現状を嫁に報告。

「お土産いろいろ探してみたんだけど・・・」

「あ、ありがとう」

「もみじ饅頭しかありません」

「えー!チーズケーキとかないの?」

「チーズケーキはないけど、チーズ味の」

「チーズ味の?」

「もみじ饅頭ならあります」

「もみじ饅頭かよ!チョコは?チョコ!」

「チョコね~。あ!チョコレート味の」

「チョコ味の?」

「もみじ饅頭があります」

「また、もみじ饅頭かよ!」


「あと、抹茶味の」

「抹茶は好きじゃないからいいよ」

「もみじ饅頭があります」

「またかよ・・・」

「どうしましょう?」

「・・・もみじ饅頭で良いです」

どんだけ紅葉好きなんだよ!広島は!!と思いつつ、もみじ饅頭を購入し道路に目を向けると、普通の「もみじマーク」を付けた車が走っていました。



ああ、そこは普通なんだ・・・と呟いた32歳の冬

| 日々 | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

in広島

広島での仕事も15時頃に終わったので、その後ツカイマと会うことに。前に会ったのが友人の結婚式だったから、2年ぶりの再会なんですが、話の中心がWoWってどうなんでしょう。

「お前、今、Mage・PriがLV60で、Dru・RogがLV50代だっけ?」
「そそ、DruとRogが60行ったら、次はHntかWlkを育てようと思ってる」
「よくやるなー」
「LonはAlt育てないの?Priとかやってたんじゃ?」
「Priは36で止まったままだな。MageとかRogとかも20前後までやったんだけど、結局俺はShmしか出来ない気がする」
「そう?」
「Warはマゾじゃないので無理だし、PriはRaidとかでの責任が大きいのでパス。Rogはステルスでゆっくり敵の後ろに回るのが、性に合わない気がする。Mageは水配るの面倒そうー」
「水配るのなんで、最初だけ。後はMageは結構楽よ」
「ま、それより俺の場合、時間的問題が大きいけどな」
「嫁Repあげ?w」
「んだ。本当は俺もRaid参加とかガンガンしたかったんだけど、どうしても週1参加しか出来なかったんだよ。だから、毎週末Raidに参加出来る、お前やリュウジが羨ましいわ」
「ま、独身だからね」
「リュウジなんて、War・Mage・Wlk・Hnt・Shmが60で、Rog・Priも60に届く勢いだぞ」
「それ、本当凄すぎ」
「ま、でも、リュウジ、彼女いるけどな」
「・・・」
「Digiさんとかいつonしてもいるしなー」
「確かにいつでもいるね」
「でも、彼女いるよな」
「・・・・」
「そういえばVGのオープンβが始まったみたいだな」
「LDはVG中心でやってるの?」
「今は6人ぐらいじゃないかな。でも仙さんとかガンガンやってるだろーな」
「へ~そうなんだー」
「でも結婚してるけどな」
「・・・・・」
「ところで、君は、いつ、彼女出来るの?」
「さぁ?」

ちなみにツカイマは生中1杯で、顔が真っ赤になっていました。その顔はまさに伝説の名馬「赤兎馬」のようでした。

こんなツカイマですが、心眼の皆さん、優しくしてやってくださいねー(見てないだろーけど)

| 日々 | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐怖のノート

名前を書かれた者が死んでしまうというデスノート。大人気の漫画で映画化もされたので、多くの人がご存じだと思います。

万が一このノートが実在し、俺の手元にあったら、俺はどれぐらいの人間の名前を書こうとするのだろーと仕事中考えていました。

しかし、たまに怒り心頭で心の中で「死ね!」なんて叫んでいることありますけど、本当に人が死ぬとなると、なかなか名前を書くことが出来ないような気がします。凄い罪悪感も襲ってくるだろーし。

で、よくよく考えると、実際に殺さなくても社会的に恥をかいてくれれば良いわけです!

ということで、俺が欲しいのはデスノートではなく、ガスノートです。



ガスノート



使い方



このノートに名前を書かれた人間はオナラをする。

名前の後に人間界単位で40秒以内に音量(10段階)を書くと、その通りの大きさのオナラをする。

音量を書くと更に6分40秒、臭いの強さ(10段階)を記載する時間が与えられる




もし手元にこのノートがあれば、とりあえず、俺の前で一度もオナラをしたことのない嫁で試してみます!(勿論、音量10、臭い10で)

| 日々 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BlackRock

今週の火曜日、ついに我が家にもWoWBCがやって来ました!ということで、早速インストール

a0015739_935342.jpg

Let’s Play BC!



と思ってたら、火曜日はメンテで入れず・・・orz

水曜日は、あまり時間がなかったげど少しだけonし、ダークポータルの中に入ってみました。

a0015739_1025835.jpg

いきなり髑髏マークのMobがお出迎え!こえぇ~

ちかくにライダーがいたので、髑髏マークMobの頭上を越えて、町まで行くことが出来ました。町に到着すると、目の前にLV64のPlaが・・・・


どうやったら、1週間でLV64まで行けるんだよ!
(ちなみに俺はLV60まで半年かかった)

ギルメンの中には、もうすぐ70になりそうな人が数人いましたが、たぶん俺が70なるのは相当先になりそうですね~。じっくりPlay出来る時間も週末にしかとれないですし

そんなことを考えながら、BCのパッケージを眺めていると・・・

嫁「あれ?Lonさん、それは?」
俺「え!いや・・・これは、WoWの新しいやつで・・・」
嫁「なに!いつ買ったの!!」
俺「いや、アマゾンから昨日届いたんだけど」
嫁「なに!アマゾンって口座引き落としじゃん!生活費から引き落とされるじゃん!!買うなら自分の小遣いで買えー!!」




Vanguardも予約しちゃった。てへっ!

| WoW | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。