スサビ

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボケリレー

かおなしのナカムラさんから、ボケバトンなるものを受け取ってしまいました。

「なんかね、このお題に対してボケないとダメみたい」

komainu.jpg

【お題】 このこま犬が考えている事とは?

「へー、難しそうだね~」

「とりあえず、10個ほど考えてみたんだけど、どれがいいかな?」

ということで、家族ボケ会議開催。「これが良いんじゃない?」や「俺はこれがお勧め!」などと10分ほど議論した結果、ボケが決定しました。








komainu.jpg

「井森美幸か・・・・・ギリだな」




以下、嫁に評判が良かった5ボケ

komainu.jpg

「次こそ言おう『僕、猫舌なんです』って」



komainu.jpg

「え!エスパー伊藤?」



komainu.jpg

「だっちゅーの! よし、OK!」




komainu.jpg

「右を見ながら左を見るって難しいー」




komainu.jpg

「ボブキャッツ雄大は、今なにしてるんだろう」




さてさて、無事(?)ボケた後は、このバトンを次の人に回さねばなりません。

いろいろ悩んだ結果、普段から写真をイジリまくっているこの人なら、上手いボケを考えてくれるんじゃないかな?と思い、らんだむそうつの8148さんにバトンをお渡しすることにしました。

8148さん、後よろしく~
スポンサーサイト

| 日々 | 16:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジェームス

本日、同僚たちと話をしていた時のこと、隣の部署の女性の名前を言おうとしたのですが、出てこない状況に陥りました。

確か一度だけ聞いた記憶があるのですが、思い出せない。どうしよう~?と思案した結果、俺の口から出た名前は・・・

「大木さん」

一瞬、同僚たちは「え?」という顔をしましたが、次の瞬間

「あ~大木さんね」

と納得した様子。その後、その女性は「大木さん」という名で、我々の会話に登場し続け、会話終了。




「大木凡人」そっくりでよかったよ。未だに本当の名前は謎だけど

| 日々 | 16:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギルドサイト

Guild HP作ってみました。

Guild Hage
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hanamizuki/3558/


全然更新する予定なし。
WoW覚書に申請なんて、恥ずかしくて出来ません。

| WoW | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Arena

最近Arena5on、連敗してますorz チーム自体は、なんとかRating1500台を維持していますが、俺個人がかなり負け越して、チームに迷惑かけてる感じ・・・

こりゃーいかん!ということで、高Ratingチームのムービーなどを見て、今、自分に足りないものはなにか?ということをチェックすることに。

で、ムービーを見ていて、我がチームと高Ratingチームの大きな違いを発見しました。それは、戦闘状況に応じた動きが出来ているか、いないかという点です。

Arenaの戦闘状況は、大きくわけで4つに分類できるような気がします。適当に名前をつけるとすると「バースト」「プレッシャー」「ディフェンス」「カオス」の4つです。

バースト
DPS陣が敵1人に集中攻撃をし、落としにいっている状態
プレッシャーからバーストに移行するのが理想で、高Ratingチームは非常にスムーズにバーストへ移行していた。

プレッシャー
バーストの機会を伺いつつ、敵の行動を制限している状態
高 Ratingチームは、常にこの状態を維持しているように感じました。見たムービーでは、「戦闘開始時、突っ込んできたWarにDPSを集中させ、 HealerがWarにHealを集中させだしたら(このときCCは、主に敵CCerにいってた)、Wlkにタゲを変え、体力が60%ぐらいになったら CCでHealerを止めて一気にバースト」って流れでした。

ディフェンス
敵からバースト受けている、または、プレッシャーで圧されている状態
味方にバーストが来ているときは、CCで敵DPSを抑えつつ、Healを維持できる状況を作るように展開していました。視線切りなどが必要になりますね。長期戦になればなるほど、ディフェンスは重要になってくると思います。

カオス
戦闘状況と動きが適合していない状態。

うちのチームでよくあるのは、ディフェンスしないといけない状況なのに、無理矢理バーストに行き、落とす前に1人落とされて、そのまま負けるパターン。要はカオスが多いってことですね。

状況が目まぐるしく変化し続けるArenaでは、今どの状況で、どういう行動をすべきか、を素早く判断するのが理想ですが、正直、考える余裕がまだありません。たまにテンパルし

ということで、ある程度自分の中で行動をパターン化しておくことにしました。

バースト時
敵HealerのHealをESで止める(大Heal止め最優先)。余裕があれば、ターゲットにLB(ショック系は使わない)。位置取りは、少し前でも良い(ESを届かせるため)。

プレッシャー時
後方でHeal優先。余裕があれば、WarのタゲにFS。Mana50%以下なら水のみ優先。

ディフェンス時
かなり後方でHealするのが最良。Manaに余裕あれば、攻撃受けてる味方にES張る。自分が攻撃受けている場合、相手DPSをCCしてもらうよう言う(CC対象、Rog・War優先)。

嫁プレッシャー時
Arenaやインスタ行ってて、手が離せない時以外は、こまめに嫁の元へ行くようにする。

嫁バースト時
即Logout&平謝り。

| WoW | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Hage

月曜日にArena5onを10戦消化。一応6-4で勝ち越すことは出来ました。で、今回のArenaでの反省点。

1.開始直後バーストに入った時に前に行きすぎ。開始直後は相手もバーストに来ることが多いので、少し状況を確認する時間をとるようにする。

2.Rog・Warに張り付かれている時に「攻撃受けてる」と言うだけではダメ。ちゃんと「RogにCC入れて」等、具体的に言うようにする。

Arena以外の時間は、主にPriのLvlingをしてLV56になりました。そろそろStratぐらいに行きたい、お年頃です。連れて行ってくれるパパ、募集中!(というかPapa、連れてけ!)

PriのLvlingはRestTime消化しながらやっているので、RestTimeがなくなった時に、Druを作成してみました。LV10で熊になり、LV17でタマちゃんになり、LV20で猫になることが出来ました。

で、LV20になったので、フレンドたちにお披露目することに

「うお!今度はDruやってるのか」
「ま~本気で育てるかは微妙だけどね」
「そのDru、まだギルドには所属してないよね?」
「え!?い、嫌な予感が・・・」

次の瞬間、画面に表示されるGiuld Invite

「いや・・・ハゲたくないんですが・・・」

「ハゲろ!ハゲろ!ハゲろ!」

「・・・・・・・」


「ハゲろ!ハゲろ!ハゲろ!」













Badken「Welcome!」

| WoW | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。