スサビ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青天井

本日の夕食時、茶碗に入ったご飯を見てて思い出したことがあります。

それは小学3年生の給食の時のこと。俺たちが小学生の時は火曜日と木曜日はご飯の日だったのですが、誰がやり始めたか、ご飯で大きなおむすびを作るのが流行していました。やり方は簡単で、茶碗を揺らすと中のご飯がどんどん丸くなっていき、最終的には大きなおむすびになるのです。

ところがある日、その大きなおむすびをポーンと放り上げる強者が現れたのです。宙に浮いたおむすびを上手く茶碗でキャッチする強者。教室のテンションは一気に上昇!強者に続けと、ドンドン高くおむすびを放り上げる小学生たち!!

止まることを知らない小学生たちのテンションは、ついにおむすびを天井にぶつけてしまったのです。

当然、先生の激怒の声が響きます。一気に静まりかえる教室。そんな中、先生に怒られつつ、俺は気付きました。「何事にも天井が存在する。天井より上に行くことは出来ない」ということに・・・




お!なんか今日の更新、すげー哲学的
スポンサーサイト

| 日々 | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://lon49629.blog9.fc2.com/tb.php/1249-49837c61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。